自宅ボイトレの注意点と解決策

自宅ボイトレの注意点と解決策 自宅ボイトレは学校に通わなくても、専門的な歌の指導を自宅で受けることができるのでとても便利です。
交通費や時間も節約することができるでしょう。
ですが家でボイトレを行うためには注意点もいくつかあります。
ボイトレを行う時は音漏れしない部屋を作ることが必要になってくるでしょう。
マンションであれば壁伝いで騒音になってしまうことがありますし、一軒家であっても近所の騒音になってしまうことがあります。
なので防音対策をするのがおすすめです。
また、対面でレッスンするのとは、微妙に音の伝わり方が異なってしまうということもあります。
ですから細かい音やもっと小さな繊細な音も拾いたいということであれば、ボイトレを家でする日と、対面でレッスンする日を分けておくというのも良いです。
そうすることによって対面のメリット・デメリット、家でレッスンすることと比較することもできると思われます。
比較したうえで今後どちらかに絞るのも良い方法です。

近所に対して何を注意すればいいか

近所に対して何を注意すればいいか 一般的な住居の場合、完全な防音設備を備えてはいません。
そのため自宅内でボイトレをおこなえば隣近所に声が響き渡る可能性が高くなります。
音というものは、時には精神的な苦痛を伴う騒音という表現をなされます。
家族以外であればなおさらで、歌の稽古をしているだけでも他者にとっては騒音と捉えられる場合があるので注意をしましょう。
ボイトレを自宅でおこなう時は常に近所に配慮をすれば大きな問題とはなりません。
この時配慮することはボイトレをする時間と簡易的な防音対策の2つです。
練習は昼間や遅くても夜7時ぐらいまでにするのが理想的で、それ以降になる場合はマイクなど音響機器は使用せずに腹式呼吸法のみの練習にとどめるのが望ましいです。
防音対策とは集合住宅であれば上下左右に隣家があるので、練習をする部屋の四方にウレタンタイプの壁紙とマットを貼り付ければ音漏れを若干軽減できます。
そして隣家の方々と顔を合わせた時には、挨拶と一言断りを入れる配慮をしましょう。

新着情報

◎2020/7/10

自宅ボイトレは何を手本にするか
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「ボイトレ 近所」
に関連するツイート
Twitter